カテゴリーアーカイブ ブログ

投稿者:ad119rqcur.

首都圏の新築・中古マンション市場動向【2022年5月】

ウクライナ情勢で不透明感で販売開始時期が延びた新築マンションも見られる中、契約率は75.2%と高水準を維持しており、マンション市場は変わらず堅調です。

円相場の下落があり今はコロナ禍の移動制限で外国人が円安メリットを実感しにくいのですが、往来が活発になれば日本の不動産を割安と感じてくる状況です。

円安で注意すべきもう一つのポイントは、住宅ローン金利の動向です。日米の金融政策の違いが円安の大きな要因とすれば、将来的には金融政策が変わる可能性もあります。

住宅ローン金利は、日本銀行の金融緩和によって変わらず低水準ですが、長期金利の上昇もあり、2022年5月の住宅ローン金利を引き上げる金融機関が目立ちます。

2022年3月の首都圏新築マンションの供給戸数は、対前年同月比19.7%減少の2,492戸。前年同月よりも611戸供給戸数が少なく、前月より205戸増加しました。

同じく2022年3月度の首都圏中古マンションの成約件数は3,405件で、前年同月(4,428件)比で19.5%減少しました。

投稿者:ad119rqcur.

パワハラ?セクハラ?

私たちの世代は、職場で根性論や、理屈じゃなくてまず動け!というのが当たり前にまかり通っていました。

当時の労働環境がいまと大きく異なる点は、ブラック企業が従業員を搾取するという発想がなかったことと、先輩の態度に愛を感じた事、寝ないでした仕事が収入に結びついたことです。

いま、理屈じゃなく動け!とやれば、パワハラと認定されるのは無理もないのですが、そこに上司の愛があるかないかは別問題です。

セクハラにしても、なにも女性を権力でわたくししようという心根でなく、親愛の情で接してもダメ。

上司の側にも、おごりや時代錯誤はあるでしょう。

でもまあ、「心を開いてくれないなら、面倒見なくていいや」という諦めもあちこちで聞きますね。

何でも分断の時代です。

コロナ禍がそれに見事に拍車をかけました。

不動産業界もめっきり飲み会減ったままですが、上司と部下で飲みに行くのがイヤって言ったら、いろんな意味で日本社会の損失だと、誰も言わないのが不思議で・・・。

さておき、上司・部下問わず、こんな時代に必要なのは対人スキルと素直さであることは、間違いなさそうです。

投稿者:ad119rqcur.

文系の時代

バブル期の就職トレンドは理系・体育会系でした。

文学部なんて、就職バブルのさなかでも軽視される存在で、どこか「何の役に立つの?」という、オミソ扱いな視線を感じつつ生きていたように思います。

時代は流れて、さまざまな社会変容の結果、

●他社とコミュニケートする
●自分で考える
●自省する
●常識を疑う
●歴史に学ぶ

これらの力が、世間の学生からすっかり退化してしまいました。

これらの能力は、文系の必須要項です。

世間はまだ、その点にあまり気づいていない(笑)

理系の分野の大幅な進歩から、文系をちゃんとやれる人材は理系の分野の大部分にあとで入れるようになっている。

皮肉なものですね。

体育会系はいまでも通用する部分はあるでしょうが。

投稿者:ad119rqcur.

鬼の子ども

鬼が島の鬼の子どもたちにとって、桃太郎一味は殺人者に過ぎないというのは、よく言われますね?

どんな形であれ、被害者の不幸、加害者の罪悪は動かないです。

でも、「どちらか一方が悪いということはありえない」のは、戦争から夫婦喧嘩まで当てはまる定理ではないでしょうか?

ウクライナやロシアから目線をずらして、NATOやアメリカの動きをみると「またいつものやつだなぁ」というようにならざるを得ません。

地球上の争いごとは古来より絶えることがないと言いますが、人類の、脳の使い方が左脳主導になるほどに、戦争は起きやすくなるという説もあります。

右脳がフル稼働したときの他者との融合感覚こそが、実は本当に客観的な個人を投影した人生観だともいいます。

これは大変興味深いです。

投稿者:ad119rqcur.

もうひとつ作れば?

オリンピックほどのビッグイベントはたくさんのお金が動き、大人の事情が交錯するのは、仕方ないとは言いませんが、起こりうることでしょう。

それで非難にさらされるのは勝手なのですが、アスリートが振り回されるのは本末転倒なのも、また事実です。

そういう事情に振り回されないイベントをもうひとつ作ってしてしまえば良いのかも知れません。

紅白歌合戦が先鞭をつけています。

紅白歌合戦もさまざまな変化を強いられ、歌手本人たちと、視聴者にさえ居心地の悪い状況が生じたことで、ももいろ歌合戦、年忘れにっぽんの歌などのコンテンツが急速に支持され、力をつけています。

もうちょっと力を抜いたほうが、いいものもできるでしょう。

 

投稿者:ad119rqcur.

この時期の買い物について

「あの」トヨタが2021年の3月期の利益8割減の予想となっているという状況や、業績が見通せないという企業ばかりになっているなか、決め手のない不況に突入していることははっきりと自覚されることになりました。

コロナ禍も水平飛行状態に入ったことで、テレワークの常態化は決定的となりつつあり、過ごしやすく、安定した居住環境を求められる声は高まっていますね。

インフレが進行すると、高い買い物は難しくなるのは既定路線ですから、いまここで、住まいをどのようにするか考え時となってきました。

そのような状況を踏まえて、都心にも郊外にも、等しくニーズが生じてきている印象ですが、皆さん選択肢の幅を柔軟に広く持たれた方が、合理的で満足度の高い買い物をされている印象があります。

マンション・戸建て、新築・中古、都心・郊外・・・・どうぞ、さまざまな選択肢から当社へご相談ください!

投稿者:ad119rqcur.

マンション投資をするなら東京

明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

マンション投資をするなら東京

1. いまだに需要が増えている

東京への一極集中は、コロナ後の復活が始まっています。総務省の統計による2015年の人口移動報告では、47都道府県のうち、40道府県が転出超過しており、転入超過はわずか7都府県しかありません。

転入超過については、東京がずば抜けて多いです。東京圏への転入超過は21年連続で発生しています。東京には、20年以上ずっと人が集まり続けていることになります。不動産に関しては、人口が多いということは重要な要素です。

狭い土地に人口が多いということは、その分、土地の争奪合戦が激しくなります。土地の争奪合戦が激しければ土地価格は高くなります。

土地価格が高くなると、その分家賃も上がります。東京は家賃がとても高いです。逆に言えば、東京は、家賃も下がりにくい、土地価格も下がりにくい安定したエリアと言えます。

東京は、投資のリスクが非常に低く、初心者でも安全な投資ができるエリアと言えます。

2. 供給量が少ない

需要が多くても、それ以上にマンション供給が多いのではあまり意味がありません。

しかしながら、東京のワンルームマンションは建築規制が厳しいため、供給量が非常に抑えられているというのが特徴です。

東京都では、23区がそれぞれ独自の建築に関する条例を定めています。

全国で一律に適用される建築基準法とは別に、各区の事情に即して規制を設けられています。区の条例を守らないとその区で建築ができない仕組みになっています。

各区では、中高層建築物に関する条例を設けています。その中では、特にワンルームマンションに関する規制が多いです。

東京は人が増えすぎているため、ワンルームマンションに規制を設けないと、住環境の悪い住宅が乱立する懸念があります。何も規制をしないと、最悪、江戸時代の長屋のような建物が乱立しかねません。

条例の中では、例えば「最低住戸面積は25㎡以上にしなさい」とか、「管理人を日中4時間以上駐在させなさい」等々のお金のかかることを定めています。

23区内においては、条例の規制によって、ワンルームマンションは建築コストに見合わない建物になっています。

建築コストに見合わないとなると、ワンルームマンションを建てる人が減ります。その結果、ワンルームマンションの供給量が抑制されています。

しかしながら、需要が多いのに供給量が制限されているということは、投資対象としては、東京のワンルームマンションは最適な物件と言えます。

例えば、アパートのような建築規制がほとんどない建物は、供給過剰が懸念されています。供給過剰なアパートは、投資対象としてはリスクが高いです。

東京のワンルームマンションは供給量が抑えられているため、まだ優良な投資物件と言うことができます。

ぜひ当社へご相談ください!

投稿者:ad119rqcur.

クーポンと現金

「どこでも流通できて、偽造防止技術が確立していて、簡単に支給できるクーポンって知ってる?」

円のことですね。

一定年齢の子どものいる世帯を対象にすると決めた時点で、なぜ経済振興も視野に入れなければならないのかは不明なのですが、生活の困窮に対するフォローならば、消費側のことだけ考えればよいのでは?

困っている人はそれなりに、そうでない人は貯金や寄付と、自由に使えばよいように思えます。消費される側も、救われるべきは生活に直結する業種なのも間違いないですし。

さらに今後クーポンが「どこで使える」と明らかになった時点で、またそれが「チョイスがいびつだ」とか、「中抜きがすごい」とか、避難の嵐に立ち向かう覚悟はおありなのでしょうか(どういう手段をとっても批判は出るにせよ)。

もうお金で全部配ろうよとなりそうな情勢ですけどね。

あとアベノマスクの残り、保管コストに年間10億かかるって本当でしょうか?すごいですね!

早くみんなあげちゃえばいいのにと思います。

国内なん箇所か場所を設けて、個数上限付きで「自由にお持ちください」とか。もう転売したっていいのでは?

アベノマスクは、わが家では「後世への教訓」として保管してあります。戦時中の資料を残しておくみたいな感覚ですね。

投稿者:ad119rqcur.

成約御礼♪ 「田柄3丁目戸建て」買主様、売主様おめでとうございます!

物件名:「田柄3丁目戸建て」

都営大江戸線「光が丘」駅徒歩10分♪ 敷地面積 約40坪♪ 第1種住居専用地域♪ 陽当り良好♪ 住環境良好♪

買主様には、ご多忙の中、ご決済にお越しくださり誠にありがとうございました。今後のハッピーライフを社員一同、心よりお祈り申し上げます。今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社は、買主様の仲介でした。売主様側の大手仲介会社のご担当者様にはご親切にご対応くださり誠にありがとうございました。今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

仲介手数料無料+50%キャッシュバックか0.7%の不動産仲介会社アリーナコーポレーション株式会社

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-6-5  1F

投稿者:ad119rqcur.

東京のマンションは売れている?

東京オリンピック・パラリンピック後、不動産市場は堅調です。新築マンションの完売物件も相次いでいます。

2021年8月の首都圏新築マンションの供給戸数は、昨年同期比16.2%増加の1,940戸。2カ月ぶりに対前年同期比で増加しています。

新築マンションの1戸当たりの平均価格は7,452万円、前年同月(6,011万円)比で24.0%アップ。1㎡当たりの単価は117.8万円、前年同月(93.3万円)比で26.3%アップしました。

契約率は73.0%で、前年同月(68.50%)比では4.5ポイントのアップ、前月(68.30%)比では4.7ポイントアップです。

販売在庫は、5,889戸で前月よりも198戸の減少。前年同月の6,856戸よりも1,000戸近く少なくなっています。なお販売在庫が5,000戸台となるのは、2018年10月以来で、新築マンション市場の好調さを表しています。

また、新築マンションの地域別の新規発売戸数は下表のようになっており、前年同月と比べ1都3県で増加しています。

コロナの影響を脱して、取引の停滞から、再開に転じた状況が見て取れます。前年の夏はといえば、不動産のみならず、経済が完全に膠着状態でしたしね。売れているのはマスクだけ、のような。