媒介 不動産用語

よく図面の下の部分に記載されていたりするこの【媒介 (ばいかい)】とは、不動産取引においての不動産業者 (正式には宅地建物取引業者) のひとつの立場立ち居地の事です。

不動産業における媒介の意味は不動産屋さんが各取引 (売買・交換・賃貸借)に対して、売主や貸主と買主や借主の間に入り、取引の成立に向けて活動するという意味です。

本来正確ではないのですが同じ意味合いの言葉では“仲介”も同じ意味合いを表す形として使用している不動産業者もいます。

(仲介は広意義で仲介という括りの中に一般媒介・専任媒介・専属専任媒介と詳細に区別されています。)