中央区 晴海と都心結ぶBRT、10月1日から運行開始

東京都と京成バスは東京五輪・パラリンピックの開催に伴い開発が進む臨海部と都心部を結ぶバス高速輸送システム(BRT)の運行を10月1日から始めます。当初は5月24日に運行開始の予定を延期し、バス車内に感染防止対策を施し、再スタートします。

東京都中央区晴海に新設するターミナルを起点に、中央区勝どきと港区新橋の停留所を経由して港区の虎ノ門ヒルズまでの約5キロを30分で結びます。時間は午前6時台~午後10時台で、平日午前7~8時台のラッシュ時間帯は1時間当たり6便、平日の日中や土休日は同4便を運行予定。料金は一律220円。1日乗り放題の乗車券も500円で用意されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です