夜の街とは?

東京都は、新型コロナウイルスの感染者の増加傾向が強く懸念される夜の街の見回りを、5日夜から始めることがわかった。関係者によると、東京都、新宿区、医師会が、5日午後7時から歌舞伎町を見回り、密閉、密接、密集のいわゆる3密を避けること、マスクの着用、手洗いなど、感染拡大防止策の徹底を呼びかけるという。見回りは当面、週に2回、十数人規模で行うということで、新宿だけでなく六本木の見回りも検討しているという。(FNNプライムオンライン)

私達が頭に浮かべる「夜の街」というのは確かに、感染が出やすい環境ではあるのでしょう。でもマクロ的に見てなんだかいまだに営業自粛方面の圧力に感じなくもありません。

コロナ禍で生じた動きとして、「不要不急の商売が軽く扱われる」というのがあるでしょう。これは不景気や他の要因によっても進んでいることなのでしょうが、誰も反論できないという要素がちょっと怖いです。

経済原則でそれが進むのは抵抗ないですが、コロナに勝つことのためだから仕方ない、といわれると、多分「地下非合法」に行くのかな、と。

なにやら「夜の街」にマッチしてますね。禁酒法時代や、戦時中の「欲しがりません」の時みたいに。





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ