コロナで電力使用低下

下部の記事のようなことになっているようです。家にいればその分は電気を使っているわけですが、企業活動の消費の方が桁外れということですね。

世界各地で自然環境の回復が報じられています。当然のこととはいえ、思っていたよりその効果は大きいようです。人間というのは地球にとって何なのでしょうね。考えてみる機会になっているようです。

経済や社会不安、戦時下のような各種の統制はあるものの、こんなにも節約できて、こんなにも普通に仕事できて、こんなにも子供と過ごせて・・・何を信じて生きてきたのか自問したくなりますね。

 

電力の取引価格、頻繁に底値の「ほぼ0円」…緊急事態宣言の全国拡大後に「異変」(読売新聞オンライン)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の停滞で、日中の電力消費が減っている。その影響は電力の取引価格に及び、市場では頻繁に底値のほぼ0円を記録している。

電力の取引市場は、電力を売買したい発電会社や小売会社などが利用している。発電量を見通して、需要と供給のバランスで翌日24時間分の価格が決められている。

だが、4月16日に緊急事態宣言が全国に拡大された後、30分ごとに区切った1キロ・ワット時あたりの「スポット価格」に異変が生じた。事実上買い手がつかない0・01円が連日のように発生し、昨年4月は1か月で一度もなかった底値取引が、計60回超に上った。

5月10日に取引された11日分の価格も、午前9時半~午後2時の10回分でスポット価格が0・01円。5月第3週の月曜日にあたる昨年5月13日は、最安値の午後0時台で5円超だった。

関係者の間では、しばらくは低調な電力需要が続くとの見方が多い。





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ