不動産とAI ふたたび

AIは人工知能と訳され、人間の使う自然言語の理解、論理的な推論、経験から学習をするコンピュータプログラムなどのことを意味します。

不動産分野では、物件や地域の評価情報などのビッグデータを集約・分析・価値付けすることで価格可視化・査定ができるサービスや、人工知能によるチャットボット接客、顧客マッチングなど多岐に渡りAIが活用されています。

今後AIで用いる情報が多様になり、さらに多様化されたデータを正しく分析できるようになれば、不動産情報の透明性を高めることに繋がり、不動産市場が活発になることに繋がるでしょう。

つまり、以前ここでお書きしたお客様側の情報だけでなく、マッチングすべき物件情報側にも、あらかじめビッグデータとしての属性付加が求められるという事になります。

まあ当たり前の話ですが、この物件側の情報の分類は、かなりな発展途上と言えましょう。

ベテランの不動産営業マンは、お客さまの要望を伺いながら、瞬時にしてふさわしい物件を二つや三つは頭に浮かべるものです。

駅近とか、日当たりとか、分かりやすいものでなく、こんな方にはこんな要素が望ましいというのは、数値化定量化が困難なケースもあります。要素として土俵に上がってすらない、統計的にも拾えない事柄も、まだまだあると思われます。

しかしそれは、AIの利活用上、解決して行かねばならない事なんです。





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ