マンションと一戸建てのメリット・デメリット ー住まい探し1

マンションと一戸建ての違いは土地・建物の所有の仕方にある

一説によると、人がどちらの建物をマイホームとして希望するかは、マンションで育ったか、戸建てで育ったかで最初の答えがあるともいいます。でも、現在の生活の中で「どちらがいいか」はさまざまに根拠があるもの。

マンションは、複数の人が1つの土地・建物を分け合って所有するため、その使い方、暮らし方に一定のルールがあります。これに対し一戸建ては、土地・建物の全てが自分の所有になり、自由に使える(暮らせる)のが魅力。一方、マンションは土地や建物の管理を管理会社に任せるのが一般的ですが、一戸建てはすべて自己管理なので手間がかかります。そのほか下の表も参考にして、どちらが自分の理想の暮らしに合うか考えてみましょう。

■マンションのメリット・デメリット

メリット デメリット
●オートロックや多重ロックで、セキユリティ面で安心

●構造上、耐火性や耐久性に優れている

●冷暖房の効率が良い

●通勤に便利な駅近立地の物件が多い

●共用部分の管理は管理会社に任せるケースが多いので、メンテナンスがラク

●高層階なら眺望がよい

●基本的にワンフロアなので、自宅内の移動、家事などもラク

●管理費や修繕積立金、駐車場代などを毎月支払う

●庭がない(専用庭付きの場合は別途固定費が必要)

●土地、建物の管理や修繕の方針を決める際、所有者の一定数以上の合意が必要

●ペットが飼えない場合や、飼えるペットに制限がある

●バルコニーや専用庭などの使い方に制限がある

■一戸建てのメリット・デメリット

メリット デメリット
●土地も建物も自分の資産

●リフォームや建て替えなどが自由にできる

●庭などの外まわりも自由に活用できる

●敷地内に駐車場がある

●管理費や駐車場代など、購入後の固定費が不要

●庭など、外まわりの手入れが大変

●冷暖房費などが高めになる場合が多い

●最寄駅まで遠い物件が多い

●将来的に、リフォーム代などのまとまったお金が必要になる

●年を取ると、階段の上下移動がおっくうになる





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ