なぜイルミネーション

この時期特に街の中心部が華やかでよいですね。しかも、クリスマスや正月が過ぎても、あの浮かれ感を維持してるスポットは多いです。なぜといえばなぜ?

冬にイルミネーションが開催される理由として上げられるのが

1,日没が早い
イルミネーションを披露する時間が増える

2,空気が澄んでいるので光の散乱が少なく、よりクリアにキレイ見える

・気流が安定している為、地上から塵や埃などの不純物の空気中への混入がすくない
・空気が乾燥している為、空気中の水蒸気の粒子がすくない
・昼夜の温度差が少ない為、大気の揺らぎがすくない

3,夏は花火あるから

4,夏だと木の葉っぱがかわいそう
樹に飾り付けるには、広葉樹が葉を落とす冬の方が適している。LEDもやっぱり熱は放射するから

5,冬の集客力UPと防犯対策
イルミネーションがあると無いとでは、その施設での集客力と購買力が全然違います。たとえ「イルミネーションの見学」だけで訪れたつもりでも交通機関も利用しますし、現地で「寒いからトイレに入っていこう!」となると「ウィンドーショッピング」や「お茶だけ飲んでいこう」となる可能性が高いです。

またイルミネーションは防犯対策に一役買います。冬の夜道は雪が積もらない地域では寄り一層暗さを感じますが、イルミネーションがあるとなかなかの防犯対策効果を得られるようです。

だそうです。なるほど。

冬場は外出も億劫ですし、外気にあたり身体を動かす理由になり、意中の人を誘う口実にもなり、そうも考えると、なかなか良いものなのかも知れません。





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ

港区 託児所情報

港区 一時保育・一時預かり ほか

区のオフィシャル情報です(リンク先港区役所) 参考になさってください。





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ

成約御礼♪「テラス大井町 5F」買主様、売主様おめでとうございます!

物件名:「テラス大井町 5F」

室内大変綺麗♪ 最上階・南向き♪ 開放感良好♪ 最高天井高3.7mのハイサイドライト♪ 眺望・陽当り良好♪ 大手分譲・施工・管理♪ 充実の設備・仕様♪  

買主様には、雨天の中、ご決済にお越しくださり誠にありがとうございました。ご売却のほうも引き続きがんばります。今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社は買主様の仲介でした。売主様 の大手仲介会社のご担当者様には、ご親切にご対応くださり深謝いたします。今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

仲介手数料無料+50%キャッシュバックか0.7%の不動産仲介会社アリーナコーポレーション株式会社

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-6-5  1F

 ☆メールフォームでのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-307-817 (仲介手数料みんなやすいな♪)

 





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ

成約御礼♪「豊島区南長崎四丁目 土地」買主様、売主様おめでとうございます!

物件名:「豊島区南長崎四丁目 土地」

都営大江戸線「落合南長崎」駅徒歩6分、西武池袋線「東長崎」駅徒歩8分の好立地♪ 漫画の聖地トキワ荘近く♪ 建築条件付きなし♪ 閑静な住宅街に立地♪ 

買主様の先生には、ご多忙の中、ご決済にお越しくださり誠にありがとうございました。いいアパートが建つことを社員一同、心よりお祈り申し上げます。また、ご所有アパートのご売却も是非、弊社でお手伝いさせてくださいませ。今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社は買主様・売主様の仲介でした。売主様 の大手仲介会社のご担当者様には、ご親切にご対応くださり深謝いたします。今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

仲介手数料無料+50%キャッシュバックか0.7%の不動産仲介会社アリーナコーポレーション株式会社

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-6-5  1F

 ☆メールフォームでのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-307-817 (仲介手数料みんなやすいな♪)

 





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ

所有者不明土地 不動産用語

探索しても所有者を確知できない土地。所有者が不明な場合のほか、所有者の所在が分からない場合も含まれます。

今週、この種の土地の利用者に課税していくと言うニュースが流れました。つまりこの手の土地が加速して増えていると言っていいでしょう。

土地所有者の探索は、公的書類等による調査や聞き取り調査によるが、所有者が判明しなかったり、判明しても所在が不明の場合が少なくなく、また、長期にわたって相続登記がなく、数次の相続を経ているため所有者が多数にのぼるなど探索が困難な場合もあります。このため、土地の公共的な利用に支障が生じることがあるのです。

そこで、2018(平成30)年に、一定の事業のために特定の所有者不明土地を円滑に利用すること、所有者不明土地の財産管理人の選任申立権を地方公共団体の長等に付与すること、名義人死亡後長期間相続登記等がされていない土地である旨を登記に付記することなどの制度が創設されました(所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法)。