大田区 区立特養老人ホームのコロナウイルス感染症の発生について

(大田区プレスリリース内容)

大田区立特別養護老人ホームたまがわ(入所定員237名)に勤務している都内在住の介護職員(運営法人の職員)が新型コロナウイルス検査の結果、陽性であることが判明しました。当該職員は既に入院して治療を開始しております。
当該職員にかかる状況については、以下のとおりです。

(1)年代 30代
(2)性別 男性
(3)勤務地 特別養護老人ホームたまがわ(下丸子4丁目23番1号)
(4)勤務内容 施設利用者に対する食事や排せつの介護など
(5)症状 発熱
(6)経過 4月1日 陽性判明

【今後の対応について】
(1)4月2日(木曜日)から当面の間、特養たまがわに併設する以下のサービスを休止します。

・通所介護(デイサービス)
・短期入所生活介護の新規受入れ(ショートステイ)
(注釈1)地域包括支援センターたまがわは、電話相談のみとさせていただきます。
(2)濃厚接触の疑いのある関係者の検査
現在、大田区保健所による指導のもと、職員、入居者等で濃厚接触の疑いのある方について、検査を行っております。

【大田区長コメント】
区立特別養護老人ホームたまがわの職員1名が新型コロナウイルス検査の結果、陽性が判明しました。
このことにより施設への受入れや、一部サービスの利用などを休止することとなり、区民の皆様には多大なるご心配とご不便をおかけいたします。
現在、保健所による指導のもと、入居中の方及び職員など濃厚接触の疑いのある方の検査や、施設内の消毒など、感染拡大の防止に最善を尽くしています。
区民の皆様には、引き続き不要不急の外出を控えるようお願い申し上げます。

【報道機関の皆様へ】
患者本人・ご家族の人権尊重・個人情報保護に特段のご理解とご配慮をお願いいたします。





<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ