パプリカ 子どもの歌声

子どもの歌声に、大人が救いを求める時がある気がします。

このパプリカも、オリンピックに向けた応援ソングですが、この世相下(具体的に何とは書きません)で、そういう役割を持ってくる気がしたので。

試しに思いつく曲で調べました。

黒猫のタンゴ =1969年 学生運動全盛

山口さんちのツトム君 =1976年 ロッキード事件

崖の上のポニョ =2008年 リーマンショック

マルマル!・モリモリ! =2011年 東日本大震災

他にもありそうです。逆にこじつけかも知れませんが。

マルモのおきての時は、自分自身そういう気分だった事はハッキリ覚えています。


<NHK>2020応援ソング「パプリカ」世界観
https://youtu.be/MFnpnDI3oQQ