AIの身近な活用例

AI=人工知能はどのようなところで活用されているのでしょうか? また今後どういったところで活用されていくのでしょうか? いくつか活用事例を見ていきましょう。

お掃除ロボット

人工知能の最も身近な例としては、お掃除ロボットの「ルンバ」があげられると思います。人工知能と聞いて「お掃除ロボット」「ルンバ」をイメージする方も多いことでしょう。

人工知能が搭載されたルンバは、内蔵されたセンサーによって障害物を避けながら掃除をすることができます。また、部屋の間取りや家具の配置などをデータとして設定することで、同じ道を通ることなく、効率的に掃除を行うことができます。掃除が終わったら、ルンバ自身で充電器のある位置まで戻ることができます。

「掃除もできないくらいに疲れている時に、特に便利だと思う。」「帰宅時、いつも綺麗に掃除されていて、すごく心地いい。」という声が多いようです。

自動車の自動運転

近年、各自動車メーカーが特に力を入れているのが、人工知能による自動車の自動運転です。画像認識機能や音声認識機能から得られた情報を用いて、通行人、対向車、信号、標識などを認知することや、駐車していた車が動き出す瞬間を察知することなど、人間と同じような水準の認識を可能とする人工知能の研究開発が進められています。

また、「人間が見落としそうな危険を認識することができる」「疲労や感情の乱れがない」といったことから、自動運転以外に、事故率の減少にもつながると期待されています。

この他、回転寿司店の入り口で凄い仕事量をこなしているペッパー君も、相手の声のトーンや表情を読み取り、相応しい会話を行うプログラムを持っています。