マンションと戸建て 資産価値が落ちにくいのはどっち? -住まい探し3

『一戸建て』は、建物が古くなっても土地の利用価値が残る

税法上の耐用年数をみると、一戸建て(木造住宅)は22年、マンション(鉄筋コンクリート造等)は47年とされています。不動産市場でも築20年を超える一戸建てを売却する場合、「売り出し価格=土地だけの価格」にしないと売りにくいこともあるようです。しかし、一戸建ての寿命は、日頃の維持管理や定期的な修繕で伸ばすことが可能です。また、最近は寿命100年以上という新築一戸建て「長期優良住宅」も登場しているので注目です。

また、一戸建ては古くなったら建て替えるなど、将来も土地の「利用価値」が見込める点がメリットです。

『マンション』の資産価値は、利便性に左右される

マンションは、駅から近い物件のほうが高めの価格で売りやすくなります。将来売却する可能性があるなら、都心などへの交通アクセスの良い駅から徒歩10分以内で、管理の行き届いた物件を選びましょう。永住する場合は、劣化しにくいコンクリートを使うなど「寿命を伸ばす」工夫をしているかも合わせて確認しましょう。